Audirvana Dac Headphone iMac PCオーディオ

ANANDAに「ソニー MUC-B12SM1」導入

投稿日:2019年11月4日 更新日:

先日のブログに書いたとおり、HIFIMANから「ANANDA-BT」が発売され、気になるところではありますが、、昨年末から使用している当方のノーマルの「ANANDA」。

私にとっては「これ以上のヘッドホンは要らない」と言えるほど素晴らしい音質のヘッドホンです。

音質だけでなく、ヘッドホンとしての「デザイン」も気に入っており、飽きっぽい私なのに、このANANDAは、自身のヘッドホンの「終着点」として、これからもずっと使っていくつもりです。

そんな、ほぼ全ての面で大満足しているこのANANDAですが、強いて挙げれば、付属のケーブルの「見た目」がやや安っぽいかな、という気がしていました(^^;

半透明のカバーで覆われているのですが、なんかこれが「ケーブル」というよりも医療用か何かの「チューブ」って感じがするんですよね(^^;

正直、無理に半透明にしなくても、普通に「黒」とかでよかったのではないかと思います。

くわえて、以前、DACに関して、現在のHugo2を購入する前に使用していたTOPPING DX7sはバランス接続ができたことから、ANANDAにORBのバランスケーブル(Clear Force)を使っていたんですが、さすがに音質が更にアップしたのを実感できたものの、Hugo2はバランス接続に対応していないことから、ANANDAに付いてきた純正ケーブルに戻して現在まで使ってきましたが、やはり、リケーブルしてHugo2に繋いでみたい、という思いもありました。

そこで、かなり前から「いつか欲しい」と目をつけていたケーブルが、こちらです。


SONY ヘッドホン用交換ケーブル ステレオミニプラグ 1.2m MDR-Z7用 MUC-B12SM1

リアルなキンバー・ケーブルは高過ぎて買えませんが、このソニーのMUC-B12SM1は、キンバー社の協力のもとで作られた製品だけあって、見た目は完全に「キンバーしてる」と言っていい、編み構造のかなりカッコいいケーブルです。

しかし、元祖キンバー・ケーブルよりはかなりお安いといっても、ソニーの直販サイトだと、税込で23,650円もする、ちょっと私のような庶民では簡単には手が出せない高価なケーブルなんですよね。。

そのため、ずっと「中古」で狙ってたんですが、今回、中古といっても実質、「新品同様」の中古のブツを、約半額近い値段で見つけることができたので、思い切ってポチりました。

そして今日、モノが届いたので、早速ANANDAに繋ぎ、純正ケーブルとの「見た目」および「音質」の比較をしてみました。

まず、その「見た目」ですが、いや〜、これはもう「見た目」だけでK.O.されるカッコよさですね。

しかも、ちゃんと「KIMBER KABLE」のロゴも入っているところが所有欲を更に満たしてくれます。

ということで、見た目はもう「満点」ですね。これだけでも元が取れました(笑)

とはいえ、ヘッドホンはやはり「音質」が良くてナンボですから、肝心の音質チェックをしてみました。

ということで、ANANDAから純正ケーブルを外し、いよいよMUC-B12SM1に付け替えます。

上の写真が、ANANDAに純正ケーブルが付いた状態です。

そしてMUC-B12SM1に付け替えた写真はこちら。

うん。こっちのほうが圧倒的に”プロ”っぽい(笑)

接続部を拡大した写真はこちらです。↓

ちなみにANANDAのケーブル接続部は「3.5mmステレオミニ」タイプとなっているので、ソニーやベイヤーダイナミックあたりのヘッドホンと互換性があるようです。

そして、Audirvanaで再生し、音質の比較をしてみたところ、ANANDAの純正ケーブルに比べ、このMUC-B12SM1は、

  • 音が力強い
  • 中高音に厚みが出る
  • 解像度もわずかに上がった気がする
  • 特に「シンセ」系のサウンドは、一聴して良くなったと感じることができる

という印象でした。

ケーブル系といえば、今年の初めに、Hugo2とiMacを繋ぐUSBケーブルを、エレコム製のオーディオ用USBケーブルに替えたところ、「劇的」に音が良くなり、わずか1,000円ちょっとでここまで音が良くなるのかと感動したんですが、今回のMUC-B12SM1では、正直なところ、ANANDA純正ケーブルに比べ「劇的」に良くなった、というところまでは感じませんでした。

上記のとおり、「シンセ」系のサウンドは、「おぉ」と明らかに良くなった感じはしましたが、他のほとんどの曲においては、「力強さ」や「中高音の厚み」が増した気はしたものの、それが「劇的に音が良くなったか?」と聞かれれば、「わずかに良くなった気がする」という感じでしょうか。

しかも、音に力強さが増した分、「きれいな曲」や「穏やかな曲」については、もしかしたら、ANANDA純正ケーブルのほうが、音に「広がり」を感じられ、よりきれいに聴こえたような気もします。

なので、そういう意味では、「2万円以上の音質向上を感じたか」と言われると、正直、そこまでの向上は感じられなかった、というのが当方のファーストインプレッションですが、かといって、トータル的には、間違いなく、音は良くなっていると思うので、これからもANANDAにはこのMUC-B12SM1をほぼ付けっぱなしで利用することになると思います。

まぁ、いずれにしても、上記のとおり、このMUC-B12SM1は、まさに「KIMBER KABLE」のダブルネーム的な商品であることと、見た目もまさに「キンバー」という印象であり、その点だけでも十分、所有欲は満たされるかと思います。

特に私の場合は新古品で安く買えましたので、そういう意味では、十分に元は取れたという印象です。

ということで、これからはこのANANDAとMUC-B12SM1の組み合わせで、PCオーディオを楽しみたいと思います。

ちなみにHugo2とMUC-B12SM1を接続した状態がこちら


SONY ヘッドホン用交換ケーブル ステレオミニプラグ 1.2m MDR-Z7用 MUC-B12SM1


ソニー SONY リケーブル/ヘッドホンケーブル 1.2m 5極バランス標準プラグ MUC-M12SB1


Chord Electronics ヘッドホンアンプ・DAC Hugo 2 [シルバー]


Chord Electronics Mojo ブラック MOJO-BLK


HIFIMAN 平面磁界駆動型ヘッドホン ANANDA


エレコム USBケーブル 1.2m オーディオ用 音楽用 USB2.0 (A to microB) ネイビー DH-AMB12

-Audirvana, Dac, Headphone, iMac, PCオーディオ

Copyright© The Riddle ver.3.0 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.