Apple iMac MacBook Pro PC PC周辺機器

本日のガジェット 「ROCCAT VULCAN 121 AIMO」

うちの息子の”お下がり”のゲーミングキーボードを、つい先日、仕事用で使っているノートPC用の外付けキーボードとして使い始めたのは既報のとおりです。

 <The Riddle ver.3.0: 本日のガジェット 「SAMHOUSING ノートPCスタンド」

そもそも、なぜ息子のキーボードをお下がりとして譲り受けたか、というと、息子が自分のキーボードを買い換えたからなんですが、その買い換えたキーボードがこちらです。↓


Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G213 パームレスト 日本語配列 メンブレン キーボード 静音 LIGHTSYNC RGB 国内正規品

ロジクールの「G213」ですね。

メカニカルではなくメンブレンなので、値段的にはそれほど高くないですが、デザイン的にかなりカッコいいキーボードですし、RGBの発色も上位機種と遜色ない1680万色。

で、メンブレンではあるものの、キーのタッチもメカニカル(赤軸)に近い感じで、さらに、メディアコントロールボタンなども標準装備されており、トータルとして非常にコスパの良いキーボードです。

発売から既に4年以上経っているようですが、現在においても、おそらく、ゲーミングキーボードの中で最も売れている機種だと言われているので、いかに良いキーボードであるか、ということが分かりますね。

で、私の場合は、PCでゲームはやらないので、ゲーミングキーボードである必要は全く無いのですが、正直、この息子の「G213」がかなりカッコいいので、触発されてしまいました(笑)

しかも、冒頭に書いたとおり、息子が「G213」を購入する前に使っていたゲーミングキーボードを譲り受けたわけですが、このキーボード、激安ながらも非常にイイ感じで光ってくれているので(笑)、この際、Mac用のキーボードも「ゲーミングキーボード」にしたいと思うようになりました。しかも、ちゃんと自分で選んだモノを。

ちなみに、現在、Mac用に使っているキーボードはsatechiのワイヤレスフルキーボードですが、デザイン的にはとてもスタイリッシュでMacとの相性もバッチリですし、機能や使いやすさに関しても、特に不満もありません。


ワイヤレスキーボードとしては、かなり優種なモノだと思います。

 <The Riddle: 本日のガジェット 『SATECHI Aluminum Bluetooth Keyboard for iMac』。


が、敢えて言うなら、見た目がシンプル過ぎて、、せめてキー箇所にバックライトなどでも付いていれば良かったんですが、「光り」的なものが無いので、ちょっと飽きてきた感はあるんですよね。。(^^;


それと、このsatechiのキーボードの「キーのタッチ感」については、Mac純正のマジックキーボードが少し重くなった感じのもので、押しやすく、且つ静かなので、そういう感覚を望んでいる人にはピッタリなんですよね。


私に関しても、一応、自室があるので、PCを触るのは、ほぼいつも自室に閉じこもって触っていますが、、そうは言っても、家の中には家族もいるため、キーボードがあまりカチャカチャ煩いのは、家の中に響きそうなので嫌なんですよね。。


そういう意味でも、今、急いでキーボードを買い換えるような大きな理由は無いものの、、やはり、「そろそろ気分転換したい」、という感じになってきましたんで、この年末年始のタイミングで、以前から興味のあった「ゲーミングキーボード」に行くことを決意しました。


ゲーミングキーボードを購入するうえで、当方が最も重要視する判断軸は、いつものことですが、まずは「見た目」のデザインです(笑)


それも含め、条件としては、大きく次の6点です。

  • とにかく見た目がカッコいいこと【最重要】
  • 青軸(最もクリッキーで煩い)は避ける ⇒ 茶軸か赤軸で
  • テンキー付の「フルキーボード」であること
  • 購入価格は2万円以下
  • できれば「ワイヤレス」がいいが、「有線」でも可
  • 「日本語配列」でなく「英語配列(US配列)」でも構わない(Macのアプリを使えば、キーの割当ができるので)

3点目の「フルキーボードであること」については、これは、当方、これまで「数字」を入力する際は、長年、「テンキーを使う」ということが体に染み付いてしまっているので、フルキーボードであることが”マスト”です。

というのも、現在のsatechiのキーボードは「フルキーボード」なので大丈夫なんですが、その前に使っていたApple純正のマジックキーボードは、テンキーレス・タイプだったことで、やはり、テンキーが付いていないことがかなり不便でした。

まぁ、テンキーレスであっても、あとから別で「テンキー」だけ買えばよいですし、これまで仕事で使っているノートPCもテンキーレスのため、外付けのテンキーを買って使用しているのですが、自分のiMacに繋げるキーボードについては、キーボードとテンキーを別々にはしたくないんですよね。”見た目”的に(笑)。やっぱり一体型になっているほうが、便利であるだけでなく、カッコいいですよね。

4点目の「ワイヤレス or 有線」ということに関しては、現在使っているsatechiのキーボードがワイヤレスですし、その前に使っていたキーボードも、iMac純正のAppleマジックキーボード(ワイヤレス)ということで、ワイヤレスの便利さに慣れてしまっているため、当然、次なるキーボードも「ワイヤレス」がいいのですが、メジャーブランドのゲーミングキーボードでワイヤレスモデルとなると、かなり高価なんですよね。。。

ただ、冷静に考えてみると、当方、iMacに使っているキーボードを、どこか他の場所へ持っていくようなことは、今まで、一度もしたことがないので、「機能」的な意味では、ワイヤレスに拘る必要は無いんですよね。

で、あとは「見た目」の問題として、少しでも「配線を減らしたい」という想いがあるのですが、自分の場合、iMacをPCスタンドの上に置いているので、仮にキーボードが「有線」だったとしても、そのPCスタンドの下にケーブルを潜り込ませれば、ほとんど目立たないと思うので、例えば自分が欲しいゲーミングキーボードに「有線モデル」と「ワイヤレスモデル」の2種類が選べるとして、仮に、ワイヤレスモデルのほうが有線モデルよりも1万円とか高くなるようであれば、「有線」で割り切ろうと思いました。

そんなわけで、昨年末はかなりの時間を「ゲーミングキーボード」のリサーチに時間をかけたのですが、最終的に下記のようなモデルを候補に絞りました。


Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G512 GXスイッチ タクタイル メカニカルキーボード 日本語配列 LIGHTSYNC RGB G512r-TC 国内正規品

Corsair K70 RGB MK.2 MX Brown Keyboard -日本語キーボード ゲーミングキーボード KB441 CH-9109012-JP

Corsair K95 RGB PLATINUM MX Speed 日本語ゲーミングキーボード [Cherry MX Speedキースイッチ採用] KB390 CH-9127014-JP

Razer BlackWidow JP Yellow Switch メカニカルキーボード 静音 イエロー軸 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02862000-R3J1

SteelSeries ゲーミングキーボード SteelSeries Apex 5 JP 日本語配列 ハイブリッドメカニカルスイッチ 有機ELディスプレイ 64537 【国内正規品1年保証】

ROCCAT VULCAN 121 AIMO RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD RED SWITCH (正規保証品) ROC-12-671-RD

Retro Classic 日本語版モデル Bluetoothバージョン (Artisan)

Azio MK RETRO メカニカルキーボード タイプライター USB接続 104キー 英語配列(正規輸入保証品)

Das Keyboard 4 Ultimate Clicky [並行輸入品]
Keychron K4 ワイヤレス

だいたい、こんな感じです。

最後の「Keychron K4 ワイヤレス」だけ、現在、Amazonで在庫切れのため、画像リンクが貼れなかったんですが、上記の中では、この機種が最もコスパが高いと思います。

本国の「Amazon.com」だと、99.99ドルで販売されているので、日本への輸送料を入れても、1万2千円台で買える計算になりますが、こちらのモデルは、ワイヤレスでフルキーボード、キーはメカニカルで、しかもRGBバックライトまで搭載している、という至れり尽くせりなのに、1万2千円台って凄いです。

ただ、やはりこれだけコスパがよく、見た目もそこそこカッコいいので、特に海外では大人気のようで、Instagramを見ていると、海外の方が、このキーボードを使っている写真が非常にたくさん見受けられます。

それと、私の場合、どうしても見た目のカラーは「ブラック」(もしくはシルバー系)がいいので、この「Keychron K4 ワイヤレス」については、もし「オールブラック」モデル、みたいなのがあれば、たぶん、行ってた可能性がありますが、あいにく、カラーリングの見た目だけがネックなんですよね。。

次に、上記の中の「Retro Classic 日本語版モデル Bluetooth」については、日本のAmazonだと価格が4万円超えという、ぶっ飛んだ価格で販売されていますが、こちらも本国のAmazon.comだと、キーが英語配列にはなってしまうものの220ドルで販売されています。2万円を少し超えてしまうものの、日本で4万円超えのモデルが本国から買えば2万円強で買えるのならば、無理して行ってもいいかな、という気もするので、候補に挙げました。

それと、日本ではまだ超マイナーだと思いますが、上記の中の「Das Keyboard 4」というキーボードがかなりヨサゲです。

作りが渋いというか、一般的なゲーミングキーボードと違って、硬派な感じなんですよね。

しかも、こちらも本国のAmazon.comだと、現在169ドルで販売されており、日本への輸送料込みでも、ちょうど2万円弱で買えてしまうんですよね。

ただ、この「Das Keyboard 4」は、「ゲーミングキーボード」というよりも、「メカニカルキーボード」と言ったほうがよく、RGBバックライトは付いていないんですよね。(日本の「東プレ REALFORCEシリーズ」みたいなイメージだと思います)

なので、これで”光って”くれたら最高だったんですが。。。

それと、欲しいものの値段が高過ぎて、そもそも最終候補に残すことができなかったのは、下記のようなモデルです。


Logicool G ゲーミングキーボード 無線 G913 GLスイッチ タクタイル メカニカルキーボード 日本語配列 LIGHTSPEED ワイヤレス Bluetooth接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TC 国内正規品 カーボンブラック

東プレ REALFORCE SA for Mac キーボード ブラック R2SA-JP3M-BK

どちらも約3万円ですね。。

ロジクールG913については、ぶっちゃけ、今回、ゲーミングキーボードを購入するに際し、最初に、一番欲しかったのがこのモデルです。

やはりロジクールのキーボードは、見た目のデザインがカッコいいですね。好みです。

で、その最上グレードでワイヤレスなので、やっぱり憧れてしまうのですが、ちょっとお値段が高過ぎですね。。

それと、東プレのRealforceについても、やはり、”憧れ”のキーボードですね。しかも「for Mac」バージョンですし。

けど、やっぱり高過ぎ。。

誰しも「極上の打ち心地」的なレビューをされているのですが、色々と読んでいると、なかには「自分には合わなかった」と書かれている人もいるので、、これだけ高い買い物をして、万一、私にも合わなかったら涙モノですから、、候補からは外しました。

で、散々悩みましたが、上記、候補群の中から、最終的に、次の2モデルに絞りました。


ROCCAT VULCAN 121 AIMO RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD RED SWITCH (正規保証品) ROC-12-671-RD

Retro Classic 日本語版モデル Bluetoothバージョン (Artisan)

決め手は、やはり「見た目」です。

上記の候補機種以外にも、海外の通販サイトも含め、これでもか、というくらい数え切れないほどのゲーミングキーボード(or メカニカルキーボード )をリサーチしまくりましたが、一般的な「ゲーミングキーボード」の中で、世界で一番カッコいいと思えたのが「ROCCAT」の「VULCAN 121」でした。ドイツのブランドのようです。

いやぁもう、とにかくカッコいい(笑)

それと、ゲーミングキーボードというよりは「メカニカルキーボード」と言ったほうがよさそうですが、このメカニカルキーボードの中で、「世界一」とは言わないまでも、最も「所有満足度」が高そうに見えたキーボードの一つが「AIZO」の「Retro Classic」です。

前述のとおり、この「Retro classic」のワイヤレスモデルは、日本のAmazonだと4万円超えという、手も足も出ない価格になってますが、本国Amazonサイトだと2万円強で買えてしまいます。

しかも上記の写真は、ブロンズカラーですが、他に、「ガンメタ」モデルもあり、それがめちゃくちゃカッコいい。

よって、この2つのどちらかにしよう、というところまで絞り込みました。

そしていよいよ、本当の最後、ということで、1つに絞り込まなくてはいけないのですが、最終的な決め手は、

  • ゲーミングキーボードらしく、RGBカラーで光ってくれること

でした(笑)

AIZOのほうも、バックライトはあって、とても綺麗に光るのですが、”単色”なんですよね。

やはり今回、ゲーミングキーボードに買い換えようと思ったきっかけが「いろんな色にキラキラ光る」という、極めてミーハーな理由でしたので、初志貫徹、ということで。。

ということで、最終確定するまでの過程を、これでもかなり端折って書きましたが、、最終的に決めた機種はこちらです。


ROCCAT VULCAN 121 AIMO RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD RED SWITCH (正規保証品) ROC-12-671-RD

今回、キーボードに関する本格的リサーチを始めるまでは、聞いたことのないメーカーでしたが、とにかくカッコよくって、一目惚れでしたね。。

ちなみに、先日、MacBook ProにBoot Campを入れた理由の一つが、このROCCAT VULCANのRGBの光り方等を制御するアプリが「Windows用」しかないことが判明したからです。。

そして、ちょうど昨年末の年末年始休暇に入って間も無く、品物が到着しました。

まずはパッケージもカッコいいです。

そして早速、開封の儀。

これまで使ってきたsatechiのキーボードと並べてみました。

このヘアライン仕上げがたまりません(笑)

そして、いよいよ、iMacに繋げてみました。

いや〜、たまりません(笑)

これはもう、文句なくカッコいいですね。

んでもって、実際に使い始める前に、一旦、iMacからMacBook Proに繋ぎ直し、Boot CampでWindowsを起動させ、このVULCANの制御アプリ「SWARM SOFTWARE」をインストールし、一通りの制御設定を確認しました。

アプリのデザインも、めちゃカッコいいです。

そして、アプリでの設定を終え、改めてiMacに繋ぎ直し、キーボードを使ってみましたが、今回当方が選んだのは「赤軸」(静音タイプ)ですので、キーのタッチ感が非常に軽く、且つ、適度にクリック感もあって、まずは第一印象は好印象でした。

ただ、この日は、とりあえず、下記のとおり、キーボード を使うことよりも、、キーボードを撮影することに力が入ってしまいましたね(笑)

ということで、ついに憧れのゲーミングキーボードがやってまいりました。

これでしばらくは、文字を打つのが楽しくなるので、ブログ投稿の頻度も上がるかもしれません(笑)


REDRAGON K552 メカニカル式ゲーミングキーボード 青軸防水機能付き LED RGBバックライトモード USB接続有線英語配列87キー PCゲーム用コンパクトABSメタルデザインキーボード

seenda Bluetooth キーボードワイヤレス LED7色 バックライト 充電式 超薄 軽量 Mac OS 対応 防水性キーボードカバー付き US配列 グレイ

東プレ REALFORCE RGB TKL R2TLA-JP4G-BK 日本語配列 PCゲーマー向けキーボード

HKW タイプライター風メカニカルキーボード 青軸 104キー USB有線 日本語キーボード (アンティーク風)

MOTOSPEED ゲーミングキーボード キーボード61キー 有線キーボード RGBバックライト 持ち運び便利 人間工学デザイン 1年間品質保証 (青軸)

VELOCIFIRE TKL02 オフィスで使える静音メカニカルキーボード 茶軸 テンキーレス ゲーミングキーボード

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨

[Amazon限定ブランド] CLIENA ゲーミングキーボード 有線 日本語配列 キーボード 青軸メカニカルキー 高寿命6000万回 ケーブル有線1.6m LED搭載 Window7以降対応 GZ657

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White メカニカルキーボード ゲーミングキーボード 静音 オレンジ軸 テンキーレス 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02640800-R3J1

エレコム ゲーミングキーボード メカニカル 茶軸 5000万回耐久スイッチ 日本語配列 ゲーミングキーキャップ付属 全キーロールオーバー対応 LED搭載 ブラック ECTK-G01UKBK

【日本語配列】HyperX Alloy Core RGB ゲーミングキーボード ゲーマー向け LEDバックライト 耐水性 2年保証 HX-KB5ME2-JP

METIS メカニカルキーボード 機械式 ゲーミングキーボード 61キー Bluetooth 無線 USB 有線 青軸 防水 充電式 LEDバックライト オフィス/ゲーミング用 英語配列 日本語取扱説明書 (61キー, 白色)

Anne Pro 2メカニカルキーボード Bluetooth5.0 USB有線/ワイヤレスゲーミング キーボード 60%(61キー) 英語配列 コンパクト 青軸 Gateron軸 ホワイト

-Apple, iMac, MacBook Pro, PC, PC周辺機器

Copyright© The Riddle ver.3.0 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.