DIY その他

本日のDIY トイレのタンク内故障に伴う「ダイヤフラム」交換

昨夜、24時過ぎてから、ちょっと眠くなってきたなぁ・・と思っていた矢先、1Fに居た家族から「トイレが壊れた!」との声が聞こえてきました。

「なんだよ、こんな夜遅くに。。」ということで、とりあえず1Fのトイレに行ってみたところ、、確かに、ふつうはトイレでコックを捻って水を流すと、タンク上部の「手洗い吐水口」からタンクへと溜めるために水が自動的に流れるはずですが、流れません。。

やむを得ず、タンク丈夫の重たい蓋を開けて、初めてタンクの内部を見てみました。

まず目に入ったのは、タンク内部がカビだらけで「汚ね〜!」ということ。。

ちょっと触るのも気持ち悪い感じだったので、とりあえず、タンク内部を目視で確認したところ、写真で黄色に囲んだ箇所から、水がシューシューと漏れ出ている感じでした。

汚ない写真でごめんなさい。。

どこか破損しているのか調べるにしても時間がかかりそうですし、既に深夜でしたので、一旦諦め、翌朝改めて対応することとしました。

そして、今朝、改めて、対応作業を開始しました。

ちなみに、我が家のトイレ(便器)は、この家を新築した時に設置されたものなので、既に18年以上経っていることもあり、年数的にはそろそろ買い替え時かもしれませんが、、先日自宅の大掛かりなリフォームを行って多大なる出費(ローンですが(^^;  )をしたばかりのため、なんとか今回はDIY修理で凌ぎたいところです。

ということで、、まずは、フィルターか何かが汚れて目詰まりでもしているせいかな?と思い、上の写真のオレンジ色の部分がフィルターらしいので、そこを取り外して洗浄してみましたが、変化無し。。

お次は、水がシューシューと漏れ出ている、写真の黄色で囲った部分の白い箇所(「ダイヤフラム」という部品らしい)を取り外し、見てみたんですが、特に劣化しているような部分は見当たりませんでした。

ちなみに、今回壊れたのは1Fのトイレですが、我が家には2Fにも同じ型番のトイレが設置してあるので、正常に動いている2Fのトイレのタンク内も見てみました。

しかしながら、1Fのトイレのタンク内と何か違っているような箇所は見当たらず、、ちょっとこれは自分の手には負えないかも・・と思い始めました。。

なので、水道トラブル対応の業者さんを呼ぼうか、とも考えましたが、おそらく呼んだところで、最低でも1万円くらいはかかるでしょうし、故障の程度によっては「数万円」とか請求されるかもしれません。。

そのため、修理に数万円とかかかる可能性があるのであれば、、この際、やむを得ず買い換えるしかないか、、ということになり、ちょっとでも早く直したいので、DIY作業は諦め、近所のホームセンターへと向かいました。

そのホームセンターには、リフォームコーナーもあり、トイレ工事も対応しているので、店員さんに「今日発注して、最速、いつ頃設置工事をしてもらえるか?」と尋ねたところ、「早くでも8月末までに間に合うかどうか。9月にかかってしまう可能性も高い」と言われたため、ちょっとそこまでは待てないなと思い、「そうですか。ではちょっと検討します」と伝え、結局発注はせず、ホームセンターを後にしました。。

いずれにしても、一刻も早くトイレを復旧させたいので、自宅に戻り、再び色々とググってみたところ、まさに、うちのトイレと同じような症状に関するYouTube動画を発見しました。

上の写真の黄色で囲んだ部分(ダイヤフラム部)から、水が漏れ出ており、タンク上部の手洗い吐水口から水が流れない、という症状です。

そして、なんのことはない、その「ダイヤフラム」という部品を交換するだけで見事に直ってました。

そういう動画を複数見つけたので、「恐らく我が家も、これと同じ症状で間違いない」と確信し、「ダイヤフラム」という部品を購入することとしました。

ちなみに、我が家のトイレ(便器)はTOTO製であり、この便器に適合する「ダイヤフラム」は、

  • TH405S
  • HH11113

という商品であることが分かりました。


TOTO TS890A型用ダイヤフラム部 TH405S

TOTO ボールタップ用ダイヤフラム HH11113

2つとも商品自体は同じなんですが、「TH405S」のほうはダイヤフラムの部品だけが入っており、「HH11113」のほうは部品と共に「説明書」も入っている、という違いがあり、「TH405S」はAmazon価格だと約650円。「HH11113」のほうはAmazon価格で約930円となっていますが、動画で見たところ、この「ダイヤフラム」の交換作業は、説明書など無くても難なくできそうな感じだったことから、安いほうの「TH405S」で問題無さそうです。

で、自宅からクルマで10分圏内のホームセンターは3箇所あるので、その3箇所に電話して「TH405S」の在庫を確認したんですが、残念ながら、3箇所とも「在庫無し(もしくは取扱い自体が無し)」でした。。

が、そのうち1箇所だけは「『HH11113』なら在庫がある」とのことでした。

で、値段を聞いてみたところ、約1,500円、とのことで、Amazonで買うよりも500円以上高いですが、やはり、家族含め毎日何度も使用するトイレの故障なので、少しでも早く直ったほうがよいことから、そのホームセンターで早速「HH11113」を購入することにしました。(そのホームセンターとは、直前に一度、新しくトイレ(便器自体)を買い換えるつもりで、2時間ほど前に出向いた同じホームセンターでした(^^; )

そして、無事「ダイヤフラム(HH11113)」を購入してきたので、早速、交換作業をしました。

汚れた手でカメラやスマホを触りたくなかったので、作業中の写真は撮りませんでしたがw、、元々YouTube動画等で予習済みだったこともあり、このダイヤフラムの交換作業自体は5分もかからず、簡単に終わりました。(ちなみに、トイレの「タンク内」をDIYで修理したのは今回が初めてですが、今から3年ほど前、やはりDIYで「ウォシュレット」の交換作業をしたことがあるのですが、その時は、めちゃくちゃ大変でした。。)

ただし、果たしてこれで本当に直ってくれるかどうか、というところが一番大事なんですが、、、ダイヤフラムを交換した後、トイレの水栓の元栓を開いてみたところ、、無事、タンク上部の「手洗い吐水口」から水が流れてくれました!

そしてその後、試しに3回、コックを捻って水を流してみましたが、全て問題無く流れてくれ、タンクに水が溜まると、従前同様、自動的に水も止まってくれました。いや〜、素晴らしい☆

もし、今朝、最初にホームセンターに行った時、「トイレ(便器)の買い換え工事」が例えば「明日」とか「明後日」で「可能」、と言われていたら、間違いなく発注してしまっていたと思うものの、2週間以上かかりそうな気配だったため、「なんだよー、そんなにかかっちゃうの??」と不満気味に発注せずに出戻ったわけですが、、結果オーライとなりました(^^;

おそらく、この「ダイヤフラム」の交換作業だけでも、修理業者さんを呼んでいれば、費用は1万円前後はしたのではないかと思われます。

Amazonで買うよりは高かったものの、それでも、1,500円で直ってくれたので、十分ですね。

ということで、まさに我々の生活に欠かせない「トイレ」の故障ということで、一時は、どうなることやら・・と心配しましたが、なんとか即日、しかも安価で復旧してくれたので良かったです。

それにしても、今の時代、こうやって暮らしの予期せぬトラブルが発生しても、たいていのことならYouTubeやブログ等で、皆さんが対処方法をレクチャーしてくれているため、本当に助かりますね。先人の皆さん、ありがとうございます。

あ、それと、TOTO自体も結構詳しく、自社サイトでトラブルシューティング(修理方法)を掲載してくれています。

<TOTOサイト: ロータンク ボールタップ ダイヤフラム部の交換要領


TOTO ウォシュレット 一体形便器 ZJ1 CES9151#NW1 ホワイト 手洗い付 床排水 排水芯200mm トイレ

[CS232BM+SH232BA]TOTO ピュアレスQR 組合せ便器 手洗なし リモデル対応 床(旧品番:CS230BM+SH232BA・CS230BM+SH230BA) (#nw1)

LIXIL INAX ベーシア シャワートイレ フチレス 手洗い付き BA3グレード 壁リモコン BC-BA20S/BW1 + DT-BA283/BW1 ピュアホワイト 便座一体型 床排水 便器+タンク トイレ

LIXIL(リクシル) INAX サティスSタイプ ECO5 床排水 ピュアホワイト 一般地・水抜方式・流動方式兼用 S5グレード ブースターなし YBC-S30S/BW1+DV-S715/BW1

TOTO ネオレスト DH1 標準リモコン ホワイト CES9565R#NW1 (床排水心 200mm・隠ぺい給水)

-DIY, その他

Copyright© The Riddle ver.3.0 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.